【オールテレーン】ハスラーのタイヤ【雪道大丈夫?】

キャンプ・バーベキュー・BBQ



オールテレーンタイヤのざっくり説明

そもそもなんの為にそんなオフロードタイヤ履いてるの?
って聞かれたら

キャンプ行く時にデコボコ道を走るから
そういうタイヤだったらいいな

くらいに考えていたんですが
雪道もちょっと行けちゃうよ、となったらお得ですよね。

というわけで今回
栃木の那須の友人のところまで行ってきました。
残念ながら動画や写真はないんですが
これからハスラーにオールテレーンを履かせてみたい
という方には参考になると思います。


 

履いているタイヤはこちら。

トーヨーオープンカントリーATプラス。
175 80r15
私のハスラーは4インチリフトアップしてあるので
このサイズを履けますが
ノーマルでもヨコハマタイヤからオールテレーンが出ています。
165 60r15のオーテレ、なかなか良さそうです。
リフトアップする予定のない方はそちらを。


 

アイスバーンは行けるのか

県道7号線を登って行きました。
たくさんお店や観光スポットのある
那須街道と呼ばれる道ですね。

どんどん登って行くと、殺生石っていう所に出ます。
そのあたりから路面が凍結していました。
今年は暖冬と言われていますが、ここまで雪がないのも珍しい。

ハスラーちゃんはグイグイ登っていきます。
登りで滑ることはありませんでした。
というか、広い場所で滑らせようとしても滑りませんでした。
勝手に車が体勢をキープしちゃうんですよね。
これには助手席の友人もびっくり。
「下手な普通車の四駆だったらとっくにスリップしてる」
とのこと。

ハスラーの四駆。
びすかすかっぷりんぐ、でしたっけ。
機械式なんですけどね。
いがいとすごいせいのうだ。

そのままマウントジーンズまで行けるかな?
と友人とも話したんですが、なにせ深夜だったので
暗いのと周りに車が一切なかったので
もし事故でも起こしたらと思い、途中で断念。

ダウンヒル実況

さて、怖いのは下り。
シフトをM(パドルシフトでマニュアル操作ができます)に入れ
ヒルディセントコントロールスイッチをオンにします。
これは時速7kmで自動で安全に下ってくれるっていう素晴らしい機能。
最初は車にまかせて自動で下ってみました。

前提として、周りに車が一切なく
安全を確保した状態で実験しています。

滑ることは一切なく、ゆるゆると下ります。
でもやっぱり7kmではノロい。
ちょっとスピードだします。

まずは直進で20kmほど。
大丈夫。
ブレーキング。
ガガガって連続ブレーキがかかります。
5mほどして停止。

次は時速40kmほど。
さすがにアイスバーンの下り坂でこのスピードは怖かった。
しかし!
ガガガガーってブレーキの音が鳴り
10mほどして停止。

その後も20〜30kmくらいをキープして
安全に降りてきました。

ハスラーの四駆性能

今回の実験からみた感想としては
私の住む埼玉県川口市あたりを乗っている分には
一年中このタイヤで問題はなさそうです。
私のいつもお世話になっているカスタムショップのオーナーさんも
この辺走る分には十分な性能、とお墨付きをいただいてます。

那須に住む友人でさえ
「俺もハスラー買ってこのタイヤにすれば一年中履き替えないでも大丈夫そうだな」
と言ってました。
さすがにドカ雪の時はスノーチェーンが必須でしょうけど。

私もこのタイヤ+スノーチェーン常備なら
埼玉の山くらいは行けるかな?

もちろん、下手な行動は致さないように心がけます。

そしてなにより!
ハスラーちゃんの四駆性能のすごさ!
いやほんとびっくりしました。
こんなに頑張って走ってくれる車すごい!
かわいすぎる。
いつもいつも大切に乗っていますが
より一層、愛着が湧いてきました。

助手席の友人は新型ハスラーを買うことを迷っている最中なんですが
家についた途端、公式サイトで見積もりシミュレーションを始めてましたw

最後になりますが、あくまで私の感じた感想です。

導入の際は、よくよくご検討してください。
参考になれば幸いです。

それでは今回もありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました